アトピー肌のエイジングケア方法

アトピー肌の原因となるバリア機能の低下を招くのは、生活習慣や体質なども関係しているので、これらの要因を改善していくことも重要なのですが、何よりも大事なのはスキンケアです。バリア機能が低下してくると肌年齢が加速しやすいので、低刺激のエイジングケアが欠かせません。

 

アトピー肌は刺激にとても弱く、そのため普通なら肌を美しくするためにスキンケアの時に行うパッティングやマッサージが刺激となって肌トラブルを起こしてしまうことがあります。
また、間違ったスキンケア方法では肌の状態も回復することもなく、改善していくこともできません。

 

もちろんアトピー肌を改善するのは簡単なことではありませんが、正しいスキンケア方法をきちんと実践して、トラブルを防いで悪化させないようにしながら改善していくことを目指したいものですよね。特にスキンケアの基本では洗顔が大切ですので、アトピー肌の洗顔方法をしっかり理解してエイジングケアなどの対策に役立てて見てください。

アトピー肌のエイジングケア方法の3つのポイント

アトピー肌の正しいエイジングケア方法のポイントは3つあります。とにかく乾燥はアトピー肌には厳禁なので保湿をしっかりすること、ケアをする時は絶対に刺激を与えないこと、そして肌を清潔にすることです。

 

肌の乾燥を防ぐためには水分補給をすることが一番大事、と思う方も多く、また保湿成分は荒れた肌に馴染みにくいので、逆に肌に負担をかけるイメージがあるかもしれません。

 

ですがアトピー肌は保湿力を失っている状態なので、いくら水分補給をしても水分が蒸発してしまうため、保湿をしないかぎり乾燥を防ぐことはできないので必ず保湿クリームなどを使ってケアをしましょう。

 

また保湿は、肌を健やかに保つだけでなく、エイジングケアにも欠かせないのでエイジングケアの基本にもなります。アトピーの方が使用できる化粧品は、こちらのエイジングケア化粧品ランキングを見て低刺激の敏感肌、アトピー肌でも使用できるバリア機能を高める化粧品を選ぶとよいでしょう。

アトピー肌の対策では刺激の少ないエイジングケアを心がけましょう

化粧水や美容液、クリームなどをつける時は、どうしてもポンポンと叩いたり肌に塗りこむようにこすってしまいがちですが、これもアトピー肌には刺激になります。

 

ですので、エイジングケアをする時には、どんなアイテムでも手のひらにまんべんなく伸ばして顔全体を包み込むようにして、優しく押さえながら肌に馴染ませてください。

 

また、肌を清潔にするのはスキンケアの基本ですが、エイジングケアを始める前には手もきちんと綺麗にしましょう。手にはいろんな雑菌がついているので、その手で顔を洗ってしまうと余計な雑菌が肌についてしまってトラブルを引き起こすことがあります。

 

ですから顔に触れる前には手を必ず洗うようにして、雑菌の繁殖を防ぐことが正しいスキンケアの基本とも言えるのです。エイジングケアでは最先端の成分が配合されている場合が多いです。そしてナノ化してある場合が多く浸透性が良いです。浸透性が良くても肌に合わない場合はかゆみが出ることもあるので、低刺激のエイジングケア用の化粧品でも使用しないで他の化粧品に切り替えることがよいでしょう。

アトピー肌のエイジングケア化粧品選びで大切なことは?

アトピー肌というのはアレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎とも呼ばれる過敏症の一種で、ホコリやカビ、花粉や大気中の汚染物質などに肌が過敏に反応してしまう皮膚病です。アトピー肌になる要因というのはいろいろなことがありますが、原因となっているのは、肌のバリア機能が低下していて外部からの刺激に対して免疫力や抵抗力が働かないということが挙げられます。

 

ですから普通肌の人ならなんの問題もない物質でも、アトピー肌の人が使うと痒みや赤み、肌荒れなどの症状が出てしまうのです。
そのためアトピー肌の方だと本来なら肌の状態を整えたり美肌になれるエイジングケア化粧品でも、その成分が刺激になってしまったりよりアトピーが悪化することもありますし、本当に必要な成分が入っていなければ改善することもできません。

 

アトピー肌対策に欠かせない化粧品

逆に化粧品の選び方次第でアトピー肌の症状を改善出来たり、アトピー肌自体を改善していくこともできるので、アトピー用というだけではなくアトピー肌に大事な成分が入っている化粧品を選びましょう。

 

アトピー肌が刺激を受けやすいのはバリア機能が正常に働かないことが原因となっていますが、これを引き起こしている要因の一つが肌の乾燥ですので、とにかく保湿成分に重点をおいたエイジングケア化粧品を選ぶことが重要です。

 

アトピー肌用の化粧品というのは刺激を与えないようにするため、配合されている成分は少なく、保湿に関しても特出した効果を得ることができません。

 

こういった化粧品は確かにトラブルを起こさないことには適していますが、保湿をアップさせることにはつながらないので、アトピー肌でも安心して使用出来てバリア機能を回復する成分を取り入れていきましょう。

 

アトピー肌に欠かせないセラミド

アトピー肌のエイジングケア化粧品選びで大事なことは、バリア機能を正常化してくれる保湿効果があるセラミドが入っているかということです。
セラミドは、もともと角層に存在している成分なのでアトピー肌でも安心して使えます。

 

セラミドはブロックのように並ぶ角質細胞の隙間を埋めるセメントのような役割をしていてバリア機能を強化するので、刺激に弱いアトピー肌を守りながら回復させて正常化する効果が期待できます。

 

セラミド配合のエイジングケア化粧品は増えてきているので、色々まずは試してみると相性がわかるので良いです。

更新履歴